雪月花

毎日考えている事や、自分の体験を僕や君という三人称(?)に、置き換え綴っていきます。
この頃、下手くそだけど写真を撮る楽しさにも、目覚めました。

君のバイク

今日は君が僕を、乗せてあげるって言うから

君のバイクの後ろに乗ったんだ

1人用に改造してしまったから乗りずらい


そして嫌な予感は、当たった

君がず〜っと不機嫌だったから


信号待ちで止まった

足にエンジンの振動が、伝わってくる


4サイクル単気筒、YAMAHAのWRトレール250㏄

車高が高いけど、長身でスラリと伸びた足の君には

良く似合っている


ヘルメットの下から

僕が話そうとした時、信号が青に変わった


次の瞬間、僕はバイクから滑り落ちて

尻もちをついていた


やられた


君は、巧みな体重移動や

アクセルワークとクラッチワークで

前輪をフワッと持ち上げたんだ


君の腰に片手だけ回していた僕は

簡単に落とされた


君は悠然と走り去った

バックミラーで、僕を見ている君は

大笑いしている


昨夜僕の時間の使い方で、喧嘩になった

だけど、そのまま寝てしまった


その仇を取られたって訳か

でも何故か、気分は爽快だった


でも、1つだけ言わせてもらえれば

その巧みなアクセルとクラッチワーク

教えたのは僕なんだけど…( ; _ ; )/~~~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。